【Good night】眠る前に聴きたいDragon Ashおすすめプレイリスト

304882544

夜の眠る前にゆったりと聴きたいDragon Ashおすすめプレイリストをご紹介します。ライブで共に暴れられるようなゴリゴリのロックチューンも多い中、それだけではないのがDragon Ash。かつては若者の代弁者であり、時代の申し子とまで呼ばれていた彼らの放つメッセージに共感する人は多い。その滲みるような楽曲もアコースティックなものから、ヒップホップの要素があるもの、シンセっぽいもの、iPhoneアプリで作ったものまで、たくさんの中でも、自分が特に静かに眠りにつく時に聴きたいと思う曲を集めてみました。
全11曲 35分。あなたに静かな眠りを。いい夢を見てください。

 

No. title rate
1. soldier
2. landscape
3. the Lilly
4. Grateful Days (Unplugged Mix)
5. Private Garden
6. Byakuya
7. nana (nido)
8. Nouvelle Vague#2
9. Dance with Apps
10. Late Hours (降谷建志)
11. sleep tight

 

soldier

シングル「crush the window」のc/w。ダンサーのタップも参加しているsoldier。タップのリズムとアコースティックギターの音、ラテンテイストなアコギを挟んでくるニクい楽曲。普通にかっこいい。Dragon Ashのバラードでは上位にくるやつです。

landscape

5thアルバム「Harvest」の曲。穏やかなメロディーにシンケの音が響くトラックLandscape。本当にロックバンドか、と言いたくなるセンスを感じさせますね。

the Lilly

13thシングル「Shade」のc/w。William Blakeという詩人の詩を引用。アコギの指移動の音まで入れた静かなメロディーが、すごーくキレイな曲。これ名曲です。

Grateful Days (Unplugged Mix)

5thシングル「Grateful Days」のc/wリミックス。アコースティックギターでメロディーラインを弾いた、Grateful Days(Unplugged Mix)。優しいギターラインはもちろん、ドラムのブレイクビーツがかっこいいです。とくにZEEBRAパートの裏ビーツが緩急がついててかっこいい。ACOの声とも1番マッチした曲じゃないでしょうか。

Private Garden (Sugar Soul)

Kjがfeaturing参加したSugar Soulの名盤「Garden」から、そのリミックス版がおすすめ。原曲のオケっぽい感じとはまた違った、アコースティックなGardenが眠りの前にはちょうど良いです。

Byakuya

サウンドトラック。響くドラムの音が心地良いですね。

nana (nido)

映画「ギミー・ヘブン」のサントラアルバム「motion picture soundtrack」の挿入曲。Kjの優しも儚い…掠れた歌声と、アコースティックギターの音色が美しい。nido(ニドー)はDragon Ashの古谷建志(降谷建志)、武田真治、上杉俊佑(SBK)、吉川寛らによる、2003年に結成されたバンド形式の音楽プロジェクト。映像と音楽の融合をテーマに映画音楽など幅広い活動を行っている。

Nouvelle Vague#2

3rdアルバム「Viva la Revolution」のインタールード。

Dance with Apps

25thシングル「Here I Am」のc/w。なんとiPhoneアプリでほとんど作り上げたという楽曲。彼等なりの今の音楽シーンへの反抗のような曲らしい。マキシシングルにはマキシシングルの世界観を作れっていう。後々リリースされるアルバムの先行シングルとしてだけではなく、きちんとそのマキシ作品にも世界観があるべきなのではないかと。ごもっとも。Dragon Ashのシングルc/wには隠れ名曲たくさんありますよ!

Late Hours (降谷建志)

降谷建志シングル「Prom Night」のc/w。その名の通り、深夜の眠り前に聴きたいナンバー。静けさと、明日への小さな光を感じさせるような楽曲。穏やかに子守唄のような静けさが続くと思いきや、明日への希望を歌うような。そんなDragon Ashの黄金構成の楽曲。

sleep tight

17thシングル「few lights till night」のc/w。

 

いかがでしたか?眠る前に聴きたいDragon Ashおすすめ神プレイリスト。個人的に選んだ曲ですのであしからず。それでは、みなさん、良い夢を。おやすみなさい。

You may also like...

コメントを残す