AMBITIOUS(22ndシングル)レビュー

AMBITIOUS(アンビシャス)は、2010年6月16日に発売されたDragon Ashの22枚目のシングルである。
wikipedia

1.AMBITIOUSは、サッカーのことを歌った曲が多い彼ららしい作品です。「Rio de Emotion」あたりのころから挑み出したラテンテイストの曲調と、Dragon Ashのロックらしいサウンドを見事に融合した楽曲となりました。「Ambitious! so Ambitious!」のところをキーメロディーにした、Aメロとサビのメロディーラインが共有されて、サビでは少し展開を変え盛り上げる、「LILY OF DA VALLEY」あたりのDragon Ash好きにはたまらない曲構成ですね。サビのKjの歌い方が歌詞に合わせていて(上がって下がって、また上がる)、すごく聴きやすく共感を得れます。
「空っぽな両手、すくんでいた足、にじんでいた両目」しかしそれらを超えていけ…といった感じの、大きな志や野心を持ち何かを成し遂げようとする人たちを称えた曲となっています。個人的には、「自分自身で勝ち取ってこそ幸」というフレーズが大好きですね。耳に残ります。12thhシングル「morrow」の「今は幸あれ」というフレーズもありますが、Kjの言葉の選び方と、サビの前のここで使うか!という構成には驚きます。
11thシングル「Fantasista」以来のサッカーテーマソングとして書き下ろされました。

PES(RIP SLYME)とVERBAL(m-flo)をfeaturingで迎え入れた、超豪華なコラボレーション楽曲、2.BEAT SURF FEAT. PES, VERBAL。過去にも「Way U Move」や「The Light」など、Kjが参加する楽曲はありましたが、Dragon Ashのサウンドにこの2人が入るのは初です。アップテンポなラテン調ナンバー。ラップに定評のあるこのメンツで、ラテンを取り入れたミクスチャーロックのサウンド、かなり乗れます。ちなみに何かのインタビューで見たのですが、VERBALのベストDA曲は「Let myself go, 」らしいですよ。

3.CALLIN’は、先にに配信限定リリースされた23rdシングル。

AMBITIOUS
BEAT SURF FEAT. PES, VERBAL
CALLIN'

【iTunes】Ambitious – EP – Dragon Ash
【Amazon】AMBITIOUS

You may also like...

コメントを残す