FREEDOM(8thアルバム)レビュー

ラテン色が強すぎた前作から自分たちの色を出し、ロックとラテンとのミクスチャーロックとして完成されたアルバム。Dragon Ash作品の中でも明るい作品ですが、それだけではなく「陽気な」という形容が似合います。

 

FREEDOM』(フリーダム)は、Dragon Ashの13枚目のアルバムである(フルアルバムとしては8枚目)。2009年3月4日 にリリースされた。またアルバム発売を記念してDragon Ash結成後初めて野外でのフリーライブを3月3日に行った。
ベスト盤を除けば『INDEPENDIENTE』以来、2年1ヶ月ぶりのアルバム。製作に1年半かけた。 Kjは雑誌のインタビューで「シーサーが雄と雌の対になっているようにこのアルバムは3rdアルバム「Viva La Revolution」と対になっている」と答えた。 また、今までで一番明るいアルバムと語っている。歌詞には「自由」「Free」といった言葉がどの曲にも存在する。

wikipedia

 

1.Intro.

またもややってきました。もはやDragon Ashのイントロはその1曲でそのアルバムを体現させるかのような、整い方ですね。

 

2.Freedom

ギターリフといった強いメロディーがあるわけではなく、笛のメロディーなどのたくさんの楽器で作られたメロディーラインが緻密な印象でありながらも、曲としてまとまって聴こえる良曲です。BOTSが8年前の「Sunset Beach」ぶりにKjを評価した曲らしい。

 

3.Desperado

流れるようなギターから入る、3.Desperado。疾走感と攻撃的な力のある曲です。

 

4.Ordinary

ヘビーリフから優しいメロディーへの切り替わりが神がかって美しい。また、逆のヘビーリフからそのままサビに入る音も良いです。ドーン、ドーン、というヘビーリフを元に展開している、曲の構成が面白い曲です。しかし、このあたりの曲は、歌詞がピンと入ってきませんね…。

 

5.Big Town Rhapsody

「上へ、上へ、上へ」というところが、耳に残ります。サビの後ろのコーラスは、昔の「Mustang!」のころのコーラスっぽくて懐かしいですね。

 

6.Velvet Touch

19thシングル。

 

7.Mixture

タイトルが直球すぎてびっくりしました。7.Mixture。ラテン色が強めの曲かと思いきや、スカっぽくサンバっぽい裏打ちが続き、そして待ちに待った久々にKj節のラップと、その名の通り、いろいろな曲調を混ぜ混ぜしてます。マニアックですが、ビシッと終わる最後の締めも良いと思います。

 

8.繋がりSUNSET

20thシングル。

 

9.Dear Mosh Pit

学校の校歌みたいに緩やか〜なアンセム曲、9.Dear Mosh Pit。と思わせて、ピーっという笛の音を合図に、ライブでは後半をアップテンポにしやがる、にくい曲。歌詞はライブのことを綴っている。

 

10.Bonita

9.でだまされましたが、こちらが本当の落ち着いた曲、10.Bonita。夕方〜夕暮れをかんじさせますね。

 

11.Episode 6 feat. Shun, Shigeo from SBK

アゲアゲナンバー、11.Episode 6 feat. Shun, Shigeo from SBK。スケボーキングのSHUNとSHIGEOが参加した楽曲です。すごくSBKの2人の声がハマっていると思います。もう少しサビにキレがあればなーっと思いますが、それまでの3人のマイクリレーが良すぎるので良しです。

 

12.La Bamba

このアルバムで、11.〜14.までの流れが最も良い場面です。そしてその幹を担っているのが、12.La Bamba、19thシングル「Velvet Touch」カップリング。

 

13.運命共同体

21stシングル。

 

14.Outro

 

Intro
Freedom
Desperado
Ordinary
Big Town Rhapsody
Velvet Touch
Mixture
繋がりSUNSET
Dear Mosh Pit
Bonita
Episode 6 feat. Shun, Shigeo from SBK
La Bamba
運命共同体
Outro

【iTunes】FREEDOM – Dragon Ash
【Amazon】FREEDOM(初回限定盤)(DVD付)

You may also like...

コメントを残す