陽はまたのぼりくりかえす(2ndシングル)レビュー

当時はまだまだミクスチャーロックなんてまだしも、ヒップホップですらアンダーグラウンドなカルチャーでした。そんな中Dragon Ashは自分たちなりのロックを表現すべく、この曲を発表しました。ラップと呼ぶには、韻の踏み方もrhymeも整っていませんが、だからこそ降谷建志Kj)の心情も情景も素直に歌になり、リスナーの心に伝わったのでしょうね。それまでの2作のミニアルバムとは違ったDragon Ashの新たな幕開けとなりました。

1.陽はまたのぼりくりかえす。ベストアルバム「LOUD&PEACE」発表の際に行われた、公式のファン投票では、見事1位を獲得したナンバー。ドン、ドン、タッ!ドン、ドン、タッ!と、QUEENの「WE WILL ROCK YOU」を思い出させるリズムの出だしから始まります。crap your handsという歌詞のとおり、手拍子を促すリズム。繊細かつメロディアスなアコースティックギターのイントロから、優しいKjの声がハマります。人間の繊細でナイーブな一面を日本語のラップにした名曲。この曲に支えられた人は少なくないと思います。

生き急ぐとしても構わない。飛べるのに飛ばないよりは良い。

筆者はこの言葉に何度も救われました。この言葉を胸に秘め、迷った時にはこの言葉を思い出します。彼らの曲の中で、間違いなくNo.1のポップソングです。

2.Don’t worry ‘bout me、ジャズベースっぽいラインがとくにかっこいいイントロからメロ、歪みの効いたサウンドのサビ部分、jazzなリズムからpunkな表現へと展開するこの曲展開は間違いなく名曲です。2度づつ繰り返すリリックだけは謎。steady&co.を始動するまで、あまり見られませんでしたが、Dragon AshのJazzっぽい曲は結構かっこいいもんですよ。

3.Cowboy Fuck! <featuring DJ BOTS>、ギターのイントロがかっこいい。前作1stアルバム「Mustang!」からのリミックスナンバー。当時まだ正式メンバーでなかったBOTSが参加した楽曲。個人的には原曲の方がアコギが効いていて好きですが、アコギの代わりにturntableのスクラッチを入れた感じの音です。しかし、Kjの歌い方は、こちらの方がかっこいいかも。

You may also like...

コメントを残す