Run to the Sun/Walk with Dreams(24thシングル)レビュー

「走る(Run)」と「歩く(Walk)」という2極性のテーマから作られた両A面シングル。前作のベストアルバム「LOUD&PEACE」の2極性からきています。逝去したベーシストIKUZONEこと馬場育三が生前携わった最後の楽曲でもあります。Kjのインタビューでのコメントでは、このシングルは馬場さんの記念碑と言っています。生前に馬場さんの仲の良かったメンバーがc/wを手掛けています。

1.Run to the Sun

「走らせてくれ」というフレーズがとても印象的な1.Run to the Sun。立ち止まってじっくり考えるよりも、加速して振り切ってやろうという、行き過ぎたポジティブな感情を表現した楽曲です。ここへきて気づいたのですが、意外にDragon Ashの楽曲では珍しい手拍子リズムのサビ前半、そのままサビが終わるかと思いきや、もちろん後半では暴れる系サウンドになる、もうliveでおなじみの楽曲ですね。

2.Walk with Dream

Walk with Dreamは先行配信シングル。日常から生まれた曲だそうです。人生で迷った時にぜひ聴いてほしい。

Run to the Sun “RockStar mix” Remix by I.N.A(hide with Spread Beaver)

Walk with Dreams “Live On” Remix by Toshiya(DIR EN GREY)

 

Run to the Sun
Walk with Dreams
Run to the Sun "RockStar mix" Remix by I.N.A(hide with Spread Beaver)
Walk with Dreams "Live On" Remix by Toshiya(DIR EN GREY)

【iTunes】Run to the Sun / Walk with Dreams – EP – Dragon Ash
【Amazon】Run to the Sun / Walk with Dreams(DVD付き)

You may also like...

コメントを残す